個人資料収集用

ニュースやネット記事等で、気になった事や覚えておきたい事を情報整理して書いていくブログです。

アクセスカウンター
MENU

【コロナ】政府が全世帯に配布する布マスク(1枚200円)について

f:id:outoputtraining:20200412195500j:plain

 

 政府が配布する布マスクが、どんなものか気になったので調べました。

  

政府が配布する布マスクについて

費用200億円(送料込みで466億円)←!!!

2枚配布:260円(1枚)

・使用限度回数:不明

 50回使えるマスクが定価1800円です。

 あとは想像にお任せします......。    

 政府公認の洗い方等をしないといけない

・来週から配布予定(東京等から順次)

・不織布を使ったマスク(使い捨てマスク)以下の性能

 これについては下記参照です。

 サージカルマスクとは不織布を使ったマスクの事です。

 医療機関には不織布マスク優先で配布しています。

(引用)

サージカルマスクと布マスクの効果については、『MacIntyre CR,Seale H, Dung TC,etal.A cluster randomised trial ofcloth masks compared withmedical masks in healthcareworkers.BMJOpen2015』で興味深い報告がされています。これはベトナムの医療機関で、18歳以上の医療関係者を対象に、4週間に渡って比較された研究報告なのですが、この報告によると、「一般的なサージカルマスクをつけていた人」「サージカルマスクを必要に応じてつけたり外したりしていた人」「布マスクをつけていた人」の3グループに分けて比較したとき、呼吸器疾患、インフルエンザ様疾患、ウイルスによる呼吸器感染症の全てにおいて最も感染率が高かったのが「布マスクをつけていた人」だったのです。

 

理由としては、布マスクはサージカルマスクよりも目が粗くフィルター効果が悪いこと(飛沫核の侵入も布マスクの方が通りやすかったと考えられること)、再利用されたり、布の中の湿度が高くなったりすることで逆に不衛生になりやすかったことが考えられます。この研究で調査対象となったのは感染症リスクが高い医療機関でしたが、一般的な使用においても、布マスクの感染予防効果は過信しない方が望ましいでしょう。

 

WHOによる医療関係者向けの新型コロナに対するマスク使用のガイドライン『Advice on the use of masks(英語)』では、「どんな状況でも布製マスクの使用は推奨しない」と示されています。

 

 

 

  以上でした。