個人資料収集用

ニュースやネット記事等で、気になった事や覚えておきたい事を情報整理して書いていくブログです。

アクセスカウンター
MENU

麦茶の効果 (個人的資料) 随時更新

f:id:outoputtraining:20200525121516j:plain

 

麦茶の特徴

 

体温を下げる効果で夏バテ防止する。

冷やしすぎるため、冷え性になる可能性がある。

あまり冷えてないのがおすすめ。

 

GABA成分が含まれている。

脳の神経可塑性を止める働きとリラックス効果がある

カリウムが入っているため、カフェインほどではないが利尿作用がある。

 

カフェインが入っていない。

水分補給に向いている。

取りすぎると、足がむくみだす。

 

抗酸化作用がある(P-クマル酸)

P-クマル酸の働きにより活性酸素を抑制する。

がん予防になる。  

 

抗菌作用あり

虫歯予防になる。

(飲むよりうがいに使ったほうがいい?)

 

抗ウイルス作用はない?

研究結果で抗ウイルス作用に効果があるという記載がない

紅茶と緑茶にはあり。(主にインフルエンザ等)

  

乳酸の分解を促進(アルキルピラジンの効果)

疲れがたまりにくくなる。

乳酸アシドーシスの予防になる。(血液の酸性化予防)  

 

血液サラサラ効果(アルキルピラジンの効果)

 麦茶とミネラルウオーターを飲んだ後の人間の血液状態を調べる実験で実証済み

 

胃の粘膜保護効果

 マウス実験で確認済み

 

血糖値の上昇を抑制および便秘改善

水溶性の食物繊維が多く含まれているため、糖の吸収を緩やかにする働きがある。

食物繊維により便秘改善

 

f:id:outoputtraining:20200530121551p:plain

 出典:福井大麦倶楽部|特徴や栄養価など注目の成分豊富な六条大麦について

 

 

(製造工場動画)


麦茶の紹介