個人資料収集用

ニュースやネット記事等で、気になった事や覚えておきたい事を情報整理して書いていくブログです。

アクセスカウンター
MENU

脳とコレステロールの関係【個人資料】 随時更新中

f:id:outoputtraining:20200527115458j:plain

 

 脳とコレステロールの関係

脳の重さは300/1500g がコレステロールで構成されている。

 

コレステロールがないと脳は機能しない

 

LDL(悪玉?)は悪者扱いされているが、人が生きていくためには必要不可欠

 

コレステロール不足だ、脳機能が低下しアルツハイマー型認知症になりやすくなる。

 

そもそもLDLはコレステロールではなく【リポたんぱく質】である

 

悪玉LDLは酸化されたLDLのこと

お茶やウーロン茶等のポリフェノールやビタミン類には抗酸化作用があるため予防できる。

血糖値が高いとLDLの酸化が進行し活性酸素も増える。

 

f:id:outoputtraining:20200527131015j:plain

 

脳の神経細胞を増やすには、コレステロールとBDNFが必須

 

 

神経細胞には軸索は、コレステロールで構成されている。

f:id:outoputtraining:20200527122320p:plain

出典:


 

脳の重さの5分の1はコレステロールである

低コレステロールの人たちに比べて、高コレステロールの人たちのがんと感染症の死亡率著しく低かった

 

(引用元↓)