個人資料収集用

ニュースやネット記事等で、気になった事や覚えておきたい事を情報整理して書いていくブログです。

アクセスカウンター
MENU

認知症の初期症状と治療【個人的資料】

f:id:outoputtraining:20200528222424p:plain

認知症と対策【個人的資料】

 

①アミロイドβの蓄積による老人班

血糖値の上昇で炎症やアミロイドβが蓄積される。

 

対策

ウオーキング等の有酸素運動

 

体と脳に負担をかける。

 

パン等に含まれるグルテンは人により、過敏症で炎症が発生しやすいためなるべく控えめにする。

 

備考

脳を使い血流を循環させる事が重要?

 

②タウ蛋白質のリン酸化神経原繊維変化

血糖値を上げると活性酸素と炎症が増える

 

対策

ストレス抑制をする。

活性酸素を抑制する。

血糖値が上昇すると、たんぱく質は糖化しやすくなり通常の50倍の勢いで活性酸素がふえるらしい。

炭水化物を控える

 

f:id:outoputtraining:20200528222917p:plain

出典: くらしと保険 WEB.12 東京大学大学院医学系研究科 教授 井原康夫さん

 

初期症状について 

添付ファイル参照であるが、初期症状が確認できた時点で病院に行く必要がある。

 

治療薬は保険適用外らしい。

 

症状悪化を抑える事はできる。

 

現在はシークワーサのノビレチンが認知症に効果があるらしいので研究しているらしい

f:id:outoputtraining:20200528222258j:plain

出典:病気が見える メディックメディア 

 

 

その他対策 

炭水化物を抑えコレステロールを摂取する。

(糖質が多いため)

 

脳のエネルギーは糖以外にも、ケトン体(脂肪酸)で代用できる

 

ビタミンDを取る(脳すべてにビタミンDがあるため)

 

参考資料

 

 

まとめ

有酸素運動と炭水化物取りすぎないようにする。

体や脳を動かし、血流を循環させることが重要

小麦粉のグルテンは控えめにする。

グルテンはキシリトニンという神経毒性物質ができ、神経伝達物質の放出を抑える働きがある。うつ病やADHD等の場合は控える必要がある。

朝はパンより、栄養素が多いバナナをおススメ。