個人資料収集用

ニュースやネット記事等で、気になった事や覚えておきたい事を情報整理して書いていくブログです。

アクセスカウンター
MENU

室温高くても、湿度を下げれば疲労軽減に有効らしい【個人資料】

 

f:id:outoputtraining:20200602225630p:plain

理化学研究所とダイキン工業の連携組織である「理研BDR-ダイキン工業連携センター」は、室温28℃でも湿度を下げれば疲労軽減に有効であることを実証したと28日に発表した。

両社は2017年より取り組んでいる快適で健康な空間づくりに向けた共同研究において、夏季のオフィス環境における快適性や疲労の改善に有効な温度と湿度を検証。特に疲労への影響に着目して実験を行なったところ、室温28℃でも湿度を55%以下に保てば快適性が向上し、さらに40%以下であれば疲労も軽減できることが実証されたという。

特に28℃や30℃など暑さを感じやすい環境においては、湿度を下げることで、体感温度が低下することを確認し、それに伴い不快感や疲労が軽減されることがわかったという。

 

 以下全文

 

 

 個人的な所感

湿度40%以下が疲労とストレスが減るらしいけど、湿度を下げ過ぎる(40%未満)とウイルスの感染率が上がるとのこと

 

って湿度50%で大幅にウイルスが減るらしい。

 

温湿度計を部屋に置き、ウイルス、快適、ストレス、カビを考慮し

 

温度:22~25度

湿度:50%~55%(調整が難しい)

 

で調整しようかと思った。

 

湿度50%以上を覚えないといけない。

 

f:id:outoputtraining:20200602231753p:plain

出典:室温・湿度管理でインフル予防 20度以上、50~60%が理想|ヘルスUP|NIKKEI STYLE